土地売却の前に知っておきたい!記事一覧

土地売却の流れを知っておけば、スムーズに事が運ぶでしょう。売り手側の責任などもありますので、知っておきましょう。全体の流れとしては、不動産会社へ査定の依頼をする、業者と契約、買い手が付けば契約の締結、売買代金の精算から引き渡しというものです。基本的に金額の高い売買になりますので早く高く売りたいというのは難しいものだと思って下さい。土地売却の査定の際には不動産会社が付けた価格の理由も聞いておきましょ...

土地の価格評価というものは、変動するものです。例えば、田園地帯であったような地域が、不動産会社や住宅会社による宅地造成によって、住宅地へと変貌してくれば、その土地の価格は田園地帯であった時に比べて、確実に上がることになります。また、以前は交通の便の悪い辺鄙な地域であったところに、鉄道が敷かれてそこに駅が設けられ、その周辺に宅地造成が行われて住宅地となり、それに伴って駅の周辺は商店街となれば、その土...

土地売却をする際には、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。土地売却を速やかに、なるべく高い価格で進めるためにも、業者選びは重要になります。選び方のポイントを知って、信頼できる不動産会社と契約を結ぶようにしましょう。まず、不動産会社の基本情報をチェックしましょう。まず、無免許業者との取引を防ぐためにも、宅地建物取引業の免許番号の確認をします。免許番号には、免許権者(国土交通大臣か都道府県知事)...

土地売却をする場合、通常は不動産会社に売却を依頼します。信頼できる不動産会社を選ぶことは大切で、基本情報や特徴をチェックした上で、相性や評判等も吟味して判断しましょう。正式に、土地売買の仲介を依頼するときには媒介契約を結びますが、その際に注意すべきことが幾つかあります。まずは、希望金額や時期、広告の内容など売り主としての要望を明確に伝えておきます。希望条件では土地売却が難しい場合などは、協議の上、...

土地売却での利益は、そのまま懐に入るわけではありません。諸費用として支払わなければならない金額というものを、事前に把握しておきましょう。不動産の価格については自動車とは違い諸費用込みとはならないので注意が必要です。それでは手取り金がいくらになるのか、諸費用の内訳を見ていきましょう。土地売却の内訳は、仲介手数料、印紙代、抵当権等抹消費用、譲渡所得にかかる税金などです。仲介手数料の計算は少しややこしく...

土地売却をしようとする際には、その土地の権利関係やその境界というものについて、確認しなければなりません。というのも、土地の権利関係というものは、ひとつの土地の上に複数の権利関係が重複して設けられている場合もあれば、その土地の形状が複雑で、その境界が他人の土地と入り組んでいる、というような場合もあるからです。特に、自分の所有地の一部に借地権が設定されていて、そこに家を建てて住んでいる人がいるような場...

土地売却の査定依頼をする前に、不動産業者はどうやって売り出し価格を決めるのか、その方法を知っておきましょう。一般的に使われる土地売却の査定額の基準は、取引事例法というものです。名前の通り、近くにある別の物件での取引などの前例と比較し、相場と照らし合わせながら決めます。他には収益還元法というやり方があります。こちらは売却予定の不動産から見込める利益から土地の価格を算出する方法です。都心の物件や投資対...

土地売却は、買い手売り手双方にとって大きな金額の動く話ですから、慎重に行かなくてはなりません。契約条件が整い売買契約が視野に入ってきた頃に、土地売却をする売り手にはやらなければならないことがあります。宅地建物取引業法で定められた重要事項を説明しなくてはいけないという義務が、売り手には発生します。具体的な重要事項の内容はというと、電気ガス水道の整備状況や金銭に対する事項、契約に対する事項と様々ありま...

土地査定が済み、納得がいったので土地を売ることに決定したとします。売買契約まで無事締結できて、これで土地売却は完了、としてもまだ一息はつけません。売主には、瑕疵担保責任というものがあります。瑕疵はカシと読み、本来あるべきはずの物や機能が備わっていないことを指します。簡単に言うと、売買契約を結んだ土地や建物が、後で何らかの欠陥があった場合に責任を追わなくてはならないということです。親から引き継いだ土...

土地売却の売買契約を交わしたら、引き渡し日までに各種書類等、さまざまな準備が必要です。多くの手続きがありますので、事前に整理して、手順を知っておきましょう。所有権移転登記のために、権利証、印鑑証明書、住民票、固定資産評価額証明書、司法書士への委任状等を揃えます。ローンを借りている場合には、金融機関と抵当権抹消のためのスケジュール調整を行います。抵当権抹消登記に必要な書類についても確認しておきます。...

個人や法人として所有している土地を売却したい場合、不動産業者を初めとした土地の売買を行っている専門業者に土地査定を行ってもらう必要がかならず出てきます。土地査定とはその名の通り土地の評価査定を行なうことであり、査定によって算出された評価で売却金額が決まるようになっているのです。では土地査定のシステムとは具体的にどのような形がとられているのかというと、売却を希望している土地周辺の過去の売買金額と、現...

土地査定の際、評価されて土地の価格が上がる項目というのは何があるのでしょうか。各不動産業者が重視するポイントを紹介します。評価につながるポイントとして、立地条件は外せないでしょう。駅から近い、スーパーや病院などの暮らしに必要な施設が近くにあるようなら査定価格は上がるでしょう。銀行や公園、治安がいいといった点からも立地条件は評価されます。騒音や悪臭の発生源となりそうな施設が周囲にある場合には低い査定...

いざ土地を売却することにした時、土地査定はどのように行えばいいのでしょうか。もし馴染みの不動産業者があれば、そちらに土地査定を依頼することも選択肢として筆頭にあげられるでしょう。大抵は無料で査定してもらうことができます。しかし、その不動産業者の査定額が妥当なものなのか疑問が残ります。最近ではインターネットで一括で複数の不動産業者による無料の土地査定に申し込むことができます。こうした一括査定をおこな...

不動産価格は、一般の商品などと異なり、定められた価格というものがありません。そのため、売り手が高く売りたくても買い手がその価格に納得しなければ売れませんし、反対に買い手が安く買いたくても、売り手がその価格に納得しなければ買うことができません。つまり、双方の合意によってはじめて不動産価格および売買が可能となります。しかし、不動産価格を言い値で売買するのは不透明であるため、一般には一定の基準にそった方...

土地査定の結果として出された価格が、相場なのかどうかはどのようにして調べればいいのでしょうか。まず土地は、路線価という国の定めた基準の価格があり、それをスタートとして査定されます。路線価に立地、市況、流通量の3つを加味された価格が土地査定の結果となります。ですので相場を知るためにはまず自分の土地の路線価を知りましょう。路線価はネットで見ることができます。また、国土交通省が毎年3月に発表する土地総合...